キーワードをもとに概念モデルをつくり上げる

キーワードを見つけ出したら、次は、それらを深く理解しなければなりません。そのためには、構造化してみることが一番です。

ここでも、構造化の3つの基本形が役立ちます。

キーワードを構造化する過程で、新たなキーワードが見つかることもあり、時にはそれが宝物だったりすることもあります。たくさんあったキーワードがいくつかに統合されたり、重複が見つかったりもします。

こうして出来上がったキーワードの構造体を、私は「上位の概念モデル」と呼んでいます。この概念モデルを俯瞰したり、複数の概念モデルを見比べたりしているうちに、本質が浮かび上がってくることもあります。

さて、こうしてキーワードを深く理解することができたら、今度は、これらのキーワードを「軸(観点)」にとった枠組み(フレームワーク)を作成します。私はこれを「回の概念モデル」と呼んでいます。

ここでもまた、構造化の3つの基本形の出番です。

 

どうですか、キーワードを軸に持つ構造モデルの枠組みは無事に出来上がりましたか?

この時点で、枠組みには中身(=コンテンツ)は何も入っていません。

 

次が最後の作業です。

枠組みに、コンテンツを入れていきます。コンテンツの多くは、皆さんの周辺に存在する具体的な事象です。

もしもコンテンツをうまくうめられないときは、枠組みの作成からやり直してください。時には、キーワードをさらに深く理解しなければならないこともあります。この場合は、さらに上流の作業からやり直してください。

概念化手法 キーワードをもとに構造モデルをつくりあげる

お問い合わせ info@gainenka.com